人生はなにがあるかわからないので毎日を大切に生きないとだめですね

格闘家の山本KID徳郁さんが、がんの闘病の末に亡くなられたというニュースを見て驚きました。
私自身、40代だった母をがんで亡くしていますので、40代という若さで天国に召されることについては珍しい事ではないと知識でも経験上でも知っています。
だけど、やっぱり、40代という若さで亡くなる人の話を聞くと、その度に驚いてしまいます。

しかも、山本KID徳郁さんは、強靭な肉体を持った格闘家なので、筋肉もりもりで健康的というイメージしかないので、それでも病に倒れるということに驚いてしまうのです。
運動もして筋肉をつけて過ごすと病気になんかならないといつも感じているのでそうではないこともあるということがショックです。

お医者さんの中には長生きしたければちょっとデブのほうがいいという人がいますよね。
もちろん、太りすぎはダメですが、ちょっと太目という見かけの人が統計的に一番長生きという結果がでているそうです。
その節でいくと自分は長生き派だと思うのですが、人生は何があるか本当にわからないですよね。
毎日を大切に生きないとなあと改めて思う今日この頃です。ロスミン リペアクリーム 最安値