成人式に介助者の入場拒否したところがあるようです。

成人式に、晴れ着が着られずに、参加をしなかった,「はれのひ」事件は、全国に波及していますが、大分では知的障害者の介助者の入場を拒否とのニュースが出ています、私は身体障碍者なので、一目で障害者とわかるのでしょうが、精神障碍者の場合は、一般の健常者と区別することは難しいかもしれません、その、介助者が拒否をされるということは、障害者差別禁止法に抵触することです。この様なことはよくあると言えばよくある事なのです、法律が施行されても、知らない人との方が多いことと、処罰が無いことで、国民は知らなことの方が多いのです、今新たにヘルプマークの運用が始まりましたが、そのことを知っている人は、障害者でも知らない人が多いのだと思います、今回の大分の成人式の件は、誤解が招いたことだと思います、これで、制度を知ってもらう機会にしてもらえればそれでよいことだと思います、この様なことは全国で、毎日起きていることですから、そのことをニュースで取り上げてくれたことに意義が有ったのではないでしょうか。http://nyota.co/musee-vio/