近年のAKB48は正に先輩くさいと映る

近年というか此処数年のAKB48を見てると結構プロですなと感じます。
歌や踊りがプロくさいというわけではありません。我々が歌も踊りも得意ではないのでその辺を評価することは出来ません。
AKBが本格的にアクティビティーを開始したのが2006時代。
結成当初は仲間も大半集まらずアキバのボトムス見せ俳優と揶揄されていたらしいですが、今は市民的俳優で高齢のヒトでも会員の姓名までは知らなくてもAKBというメッセージは知っているそばですからね。
それでどういう界隈がプロくさいと受取るのかと言うと、亭主らのトークだ。
公刊したばかりのあたりは何となくたどたどしかったような、あんな話し方をしていたと記憶している。
でも総選挙のトークとか見てるとかなり堂々としていますよね。
二度と亭主らはほんとにプロですよ!
俳優ってただ恋い焦がれるという気持ちだけでは勤まらないと思います。
沢山のリスナーのフロントで歌って驚くことはもちろんですが、トークもなんなくやりこなす威力が必要なのではないかと亭主らを見て思いました。