今の若い奴はどうとか言ってる人に限って老害なのです。

 私は、籠りっきりなのでよくは分からないですが、近所のご老人が叫んでるのをよく耳にします。それよりもあんたがどうにかしろよと思うことが多いです。近所周辺にゴミがすごいから拾ってくれとか言いに来る前に自分が拾えよと思ったりしますね。こっちだって暇じゃないんだと思います。それに自転車の逆走運転していればそっちが明らかに悪いだろと思っても謝らないで売れ残りの金魚みたいに眼を合わさないようにして口をパクパクしながら取りすぎるので私は聞こえるように言えよ。自分が悪いんだろと怒鳴りますね。あまりにも危ないとそうしてます。年寄りだからって逆走してもいいとか事故してもいいとかないのでね。ニュース観ていても高齢者のアクセルとブレーキの間違えで事故とかよく目にするので60歳過ぎたらまた免許を取り直すとかさせればいいのに思います。それを税金として徴収してもいいとおもうのですよね。若い世帯、若い子は都合がいい老害の便利道具ではないですからと思います。http://www.luxgen-motor.co/

東京都の日野市立病院の医師が月172時間の残業をしていたそうです。

日野市立病院は労使協定で定められた上限時間を超えて残業させたという事で八王子労働基準監督署から是正勧告を受けたそうです。今回の事で思ったのは医師といえば我々が病気の時にお世話になります。そしてそんな医師は我々にとってとても重要な存在です。それだけに医師不足が叫ばれる現在でもなかなかはいどうぞと休ませられない状況があるんじゃないかなと思います。私も休んで欲しいと思う反面、もし自分が急患などでは運ばれた時に医者が居ないからどうしようもないなんて言われたらと思うとやはり働いてくれとしかいえません。しかし医師だって人間です。他の人を治す為に自分が壊れてしまっては元も子もありません、やはり医師をしっかりと育て、ちゃんと病院に配置するのが重要だと思います。しかし医師を育てるのは簡単ではなく、時間もかかってしまいます。高齢者が増えると余計に医師不足になってしまうのかと思いますが今のうちからしっかりと対策を立て、急患の人を見殺しにする事のないようにしっかりと対策して欲しいと思います。もちろん医師の健康も守らなければなりません。急にお金がひつようになった

子どもにもそんなにお金をかけたくないかも。

現在、子育て中で仕事をしていません。
そうなるとやっぱり買いたいものが買えない、我慢する生活になってしまいます。
裕福な家庭にうまれなかったこと、経済力のある夫と結婚しなかったことはもうしょうがないことなのですが、やはり、自由にお金を使えないと言うのはかなりのストレスになってしまうんです。
申し訳ないですが、子供の洋服はお下がりが多く、ブランドものなども一切買えません。
ユニクロ、しまむらなどでたまに買うくらいです。

おもちゃも最低限、おじいちゃんおばあちゃんに買ってもらったものがほとんどです。

でも、どうしても自分の服だけは妥協できません。一時期安い洋服でいいかとあきらめていたところ、鏡に写る自分が年齢以上にみすぼらしく老け込んでいるのを感じました。
やはり年齢がそれなりになってくると、服装は大事です。
安い服が似合うのは若いうちだけ、ここにお金をかけないと自分がなんのために頑張っているのかすら見失いそうです。

ドキドキ! 楽天証券の楽ラップをしてみた体験談

2017年もあとちょっと。今年は貯金、資産運用にも力を入れています。
昨日、申し込んだのが楽天証券の「楽ラップ」。これは何かというと、10万円からできるお任せ運用のロボ・アドバイザー。
銘柄、売買タイミングは指定しなくていいので、全部おまかせ。

アンケートに答えて、傾向から投資商品をおすすめしてくれます。

そして積極度は低い方から2番目のコースになりました。

私は安定性を重視して、外国債券を中心にしたコース。
とりあえず10万円を預けてみて、手数料1%の中で得ができるか挑戦してみたいと思っています。

増額や減額も1万円以上でできるので、少しずつ資産を増やすのもできます。自動で投資商品を決めてもらった方がやりやすいのか、それとも自分で決めてノーロードファンドを選んでいった方がやりやすいのか……。
それはどちらがいいのかはやってみないとわからないので、まずは挑戦!

目指すは1年後に1万円ほどの利益が出ていたら嬉しいな。アリシアクリニック 体験

若白髪はトリートメントをしながらケアしよう!

私の悩みは若白髪です。
学生のころからずっと悩んでいて、根元が白くなる度に薬局でカラーリング剤を購入して染めていました。
社会人になると、毎回自分で染めるのが面倒になり、美容室でお手入れしてもらうようになったのですが、どちらにしても髪にダメージが出てくるのは変わりありません。
せっかく生えてきた髪の毛も、すぐにカラーリング剤を入れてしまうので、髪の毛のツヤは消えてしまい、乾燥や傷みも気になります。
そんな悩みを抱えていた時のことです。
たまたま母親が愛用している「DHC」の定期雑誌を見ていたら、トリートメントをしながらカラーリングができるという素晴らしいアイテムを見つけました!
トリートメントしながら染めることができるって、とても理想的だと思います。
私は母親にお願いして早速購入しました。
届いたその日に使ってみましたが、通常のカラーリング剤のような頭皮にしみる感じもなく、使いやすいです!
年齢を重ねると、髪の毛のダメージも気になってきます。
これなら安心して白髪を染めることができる!
もう私には欠かせない愛用アイテムになりそうです。脱毛ラボ 無料カウンセリング 時間

豊田議員の会見を見て勉強だけでは世の中渡れないと思いました

信じられない暴言を秘書の方に吐いた豊田真由子衆院議員が会見をしていましたね。
豊田議員はすごく優秀な学歴がある方ですよね。
でも、思ったのですが、人間の心の勉強は全くしてこなかったのだなあと思いました。
今回の失礼すぎる暴言に関して、豊田議員の言いたかったことは、秘書がミスを連発したために、そのようなことになったと言いたいような感じが伝わってきました。
そして、悲しい表情をするのは、秘書に対してなんて自分は恥ずかしいことをしたのだろうかということではなくて、自分が国民から、非難されている状況を悲しんでいるというふうに見えました。
不倫もそうですが、自分がしたことに対して、ごまかすようなことをするのは得策ではないと私は思います。
失敗は失敗と認めて、心から謝罪した方が、人々の心を納得させられると思います。
もちろん、納得したからといって、全員が許してくれるというわけではありませんが、今よりも状況はマシになると思います。
子供だって何か失敗をして素直に謝って来るほうが親は許してしまいますよね。
言い訳をするとイライラが増すものです。
豊田議員は母親でもあるのに、その辺がわからないんですね。
議員を続けるよりも学ばなくてはいけないことがもっと他にあるようにお見受けしました。腕脱毛 ミュゼ

悠々各駅停留の周遊が好み

過日、日本のマチュピチュとも言われている竹田城址のある表通り、竹田まで各駅停車で旅してきましたが、ひとときはかっかりましたが、のんびりとしたひとときが過ごせました。昔のように、ターミナルのスタートで駅弁が販売されていることはなく、味気ない感じは否めませんでしたが、各駅停車ならではの旅情感じに浸りながら旅することができて、満足しています。名勝らしく、表通りは整備されていましたが、それでもほんのりアクセスを伸ばして散策すると、路地裏にはレトロな佇まいの情景を考えることもでき、トラベルの発見する醍醐味を味わいました。名勝なので、いわゆる昔ながらのレストランも駅前で営業していましたし、近くにはベーカリーくんやカフェなどもあったりと意外に有益でした。但し、いかほど歩いてみても、コンビニはなく、さすがに遠方まで来たんだと実感しました。緑の情景が伝わって来るほどの普通美容あふれる城下町を堪能することができ、ワンデイではありましたが意外とゆっくりと楽しめましたし、なにより気象にも恵まれよろしい土産になりました。http://www.fonfix.co/senaka-datsumo.html

自己啓発もいいけれど自分を労わるのも大事

自己啓発本に『人が欲しがっているものを先取りする』と書いてありました。
人がしてほしそうな事を察して先にやってあげるという事が成功につながるそうです。

仕事上では前々から言われていた事なので、より気を付けて実行していました。
大切な人だからこそ親族や旦那にもやってあげるべきなのかと思い
親戚づきあいや家の中でも先取りを実行してみることにしました。
そうやって人の気持ちを気にして過ごしてみたら仕事でも家でも心休まる暇がなくとても疲れました。
気を張りすぎてもよくないのでほどほどにしようと思います。

やってみて思ったのは
「やってもらって当たり前」と人の気持ちにあぐらをかく人もいれば
「ありがとう」と感謝の気持ちを返してくれたり、気を使ってくれる人もいるという事。
後者だとちょっと報われた気持ちになります。
どの人と深くかかわっていくべきかのふるい分けも大事なのかもしれません。
あとは挨拶や感謝を言葉にして相手に伝える事。
自己啓発、難しいですね。
慣れてきたら自然体でできるようになるのでしょうか。ベルタ育毛剤 楽天

今話題のイクメンについて考えてみました。

イクメンということわざ、一度は聞いたことがある人が多いと思います。
ですが、あなたの周りにいますか?イクメンの男性。
お互いのお子さんなのに、何だか育児はお母さんだけの売り買いというのが一般的だと思います。
育児を頑張っているのお母さんはたくさんいるのに、ダディは育児に参加するだけでビックリされイクメンと呼ばれるようになります。
そして、俺はあんな育児に積極的なダディにいまだに出会ったことがありません。
周りの個々にも周辺にもいないので、果たしてどこにいるのだろうと異常で仕方ないだ。
そして、どうそんなことわざが出来たのかも大いに気になります。
仮に、自分もイクメンと呼ばれたいという気持ちだけで、育児に積極的に生まれ変われるのなら素敵なことわざですなと思います。
ダディが二度と育児に関心を持ち、多少なりともお母さんの負担を減らして売ると、育児も楽しくなるのになと激しく思います。
イクメンブームに跨るダディがより伸びることを密かに願っています。

久々の飲み屋で注文したのはノンアルコールカクテル

学生の時の部活仲間とは今でも仲が良くて、卒業してからも年2回くらいのペースで集まって飲み会をしています。後輩が幹事をしてくれて、時期になると飲み屋の予約、出欠の確認をしてくれるんです。助かります。
結婚して子どもが生まれてからはしばらく欠席していたんだけど、そろそろパパにお任せしても良さそうなので行ってきました。久々の飲み会。久々の飲み屋。

まず、メニューを見て驚きました。高くない?いつもスーパーの値段ばかり見てるから、飲み屋価格なんて忘れちゃってましたよ?。
そしてお酒。うちは授乳期間が長くてつい最近まで断酒してたから、久々に飲んだら悪酔いしないかしら?と気になってとうとう一滴も飲めませんでした…。
あと、話題ですね。仲間はまだまだ独身が多くて、結婚はしていても子どもがいなかったりして。普段ママ友と育児の話しかしていない私は、何の話をしたらいいの!?と困ってしまいました。結局、仲間の仕事の話や恋愛話ばっかり聞いてしまいました。「まだ恋人いないの!?」って余計なお世話ばっか焼いてくる人の気持ちが分かった気がします。きっと話題がないんですよ…。

とはいえ気の置けない仲間との飲み会は楽しかったです。次回も参加したいなぁ。パパ、子どもたちをよろしく!ハナシタ 脱毛